読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カナダの田舎道を車で運転してホットヨガにでも通ってみる

geragera5872.hatenablog.com

 

先日のこの記事で、このように書きました。

 

Zのお父様から、彼が日本での仕事を終え、イギリスに行くまでの半年間(来年の9〜3月くらい)、彼と一緒にカナダの家に来て、近くの大学のクラスに通えば?と言われたり(ちょっと待て、その半年が終われば、私はどうすれば良いのよー!結婚してイギリスに行くわけじゃなーい!!今更語学クラスだけに半年も通える余裕があるのかー!!??)。

 

んー・・・・・・これ、チャンスじゃないかしら??

と思い直したんです。

ずっと海外留学してみたいと思っていて、そんななか住むところを提供してくれて、恋人という心強い人も一緒に付けちゃうぜ♪という提案がもたらされたのでは・・・?と思ってみたんです。

 

まずは、私の誤解。

観光ビザでの滞在三ヶ月→六ヶ月。

visajpcanada.com

アメリカと違うのね・・・。

無知、あかん・・・。

 

で、近くの大学のクラスを、実際に調べてみた。

すると、何種類かコースがあります(レベル別)。

大学の付属コースで、最上級のクラスを修了すると、その大学への入学資格になる。

なるほど。

学費は、1年で100万くらい(もっと短いコースもあり)。

なるほど。

4月と9月始まり。

なるほど。

最上級コースは、リサーチペーパーの書き方など、大学でやっていける内容である。

うむ、いい。

近くにホットヨガのクラスがあって学生だと割引がある。

 

おぉー!!!!!!!!

 

なんで、こんなに興奮したかというと、思い直したとき、ついでだしな・・・ふふ・・・と以下のような妄想をしたのです。

 

~妄想~

学生ビザでカナダへ移動。

日本語クラスのアシスタントのアルバイトを見つけて生活費も稼ぎつつ、

リサーチペーパーのクラスなどをみっちりやる。

日本でIELTSで6.5~をおさめていたが、現地でみっちりやって更に英語力が使えるレベルにまで昇華される。

学内の先生と話している内に、日本でやっていた研究の話になり、じゃあ研究員で、となる。

もしくは、他の仕事が見つかる(この辺は適当)。

身体を動かして日頃のストレスを解消しようと思い、日本ではまっていたホットヨガの教室を探したら、車で10分程度の所にあり、学割がきいて通い放題で月8000円ほどで通える。

毎日夕方過ぎまできっちり勉強をして、そのあと毎日ヨガに通い汗を流し、すっきりして日々を過ごす・・・。

毎週開かれるファーマーズマーケットで野菜や果物を買って楽しむ。。。

~以上~

 

で、なんとなく、街の名前+ホットヨガ、でグーグル検索したら、

大学から車で10分で、学割があるホットヨガの教室が存在しているという・・・。

とりあえず、内心、ウーケールーと言ってみました。

https://pic.prepics-cdn.com/ayasho1007/26048634.jpeg

 

Zのお父様からの提案の後、Zからストリートビューで家を見せられたり、

車で一時間くらいの所にある、一見お城のようなホテルを紹介されて、ここも素敵だよ、行こうよ、とか言われたとき、

ぶっちゃけイギリスより、ピンときたんですよね。

根拠はありません、ピンときただけです。

 

カナダのトロントで、研究関心の仕事をして、色々イベントにも参加したりして,そういう風に生きていけたら良いなーと、今夏、トロントで思っていました。

そんな中、Zのお父様からの話がありました。

聞いたときは、そんなの自分にできるわけない!ってパニックだったんですけど。

ふと、あれ、これってカナダでやっていけるキッカケになるんじゃ・・・?と思い始めています。

Zの実家はトロントではありませんが、

まず海外での生活経験や、なにもかもがないことが最初の課題でしたので、

もたらされた話は、チャンスにしていけるんじゃないだろうか?

その半年か、もっと長いか短いか分かりませんが、仕事をしていこうということは、どこにいてもぶれは無く、

自分の興味関心のあることをやりたいですし、

Zとも一緒に楽しくやっていきたい。

外国人として仕事をすることは、いつでもどこでも大変なことかもしれませんが、

それがしたいことなら、チャンスを掴んで活かすのが道なのではないか?

これで半年で帰っても、日本で仕事を探せばいいし、今でも1年後でも、日本で仕事を探すことも、いつだって年齢や経歴で大変なら、

やりきったという自分の気持ちだけを大事にして、誰に誇るでも無く自分に誇れたら、それだけで、一つの成功なのではないか・・・?

と、思えました。

 

そして、一つ言えることは、そう思っているときの自分が、落ち着いて、でもワクワクしていたということです。

少なくとも、今の私をワクワクさせてくれただけで、この妄想ナイス!(笑)

 

 

 

【追記】

blogだから書けます。

というわけで、もう一つ思ったことがありまして。

車で一時間くらいの所にある、一見お城のようなホテルの写真を見せられたとき、

 

イギリスに行く前に、私ここで結婚を申し込まれるんじゃないだろうか?

彼は私がプレゼントしたオーダーのシャツを着て、私は背中の開いたブラックベルベットのワンピース(持っている)を着て。

https://sweet-heart.tv/blog/wp-content/uploads/2015/08/16.jpg

 

と急に思ったんですよ・・・。

別にカナダに一緒に行くことも決めていないし、結婚も、いつものZポリシーで、考えるのも苛つくのも飽きたので考えること減ってたんですけど。

妄想もここまで来ると凄いな・・・と笑ってください。