読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たった一言が人生を決めたり・・・?

週末は、兄夫婦の家で、両親も来ていて、勢揃いでした。

(両親は、甥(2歳)の子守りヒッターで呼ばれた模様)

 

私が到着していたとき、甥はお風呂に入っていました。

 

母と話していると、お風呂からあがってきた甥が、私を見る。

 

なかなかに打ち解けられない私たち、いつも見つめ合いながら、「あ、じゃあ、どうも・・・」みたいな雰囲気で終わります。

 

子供は得意ではありません。

 

嫌いではありませんが、どうしたもんかと、困ってしまいます(これは、誰に対しても・・・かも・・・)

 

甥も、のりのりウェーイ!!なタイプではないので、相乗効果で沈黙が・・・。

 

逆に、Zとは、Zが「甥〜♪」と積極的に遊び、カメラも何でも触らせるので、2人は仲良し。

 

という経緯の中、私を見た甥、第一声が

 

「・・・・・Zさんは?」

 

 

 

 

 

・・・・・・・え?

Z・・・・・Z・・・・・・・・

あぁ、私の彼氏のことですか!?

 

一瞬、何を言っているか分かりませんでしたが、よくよく聞くと、私が来る=Zがくる=遊んでもらえる、という楽しみがあった様子。

 

母も義姉もびっくり。

 

名前、覚えてたのね。。。

 

そして私だけが来て、すみません(笑)

 

滞在中、思い出したときに「Zさんは〜?」と聞くので、

 

「今はヴェトナムよ。舟の上にいるから、繋がったら電話しよう」

 

と言うので、甥が覚えた言葉

 

「ベトナミュ」

 

電波が繋がる場所に戻ってきてから電話したら、恥ずかしがってましたけど、嬉しそうでした。

 

ところで、甥からすれば、ただ遊べる人が好きだから発した「Zさんは?」なんですが。

 

私からすると、ある意味正直な(良くも悪くも)幼児が、しかも人見知りでおとなしい甥が、全幅の信頼を寄せていることを、その一言で知り。

 

そして、家族が、私の恋人を、ただの他人ではなく認識しているような印象も受け。。。

 

強烈な一撃をもらいましたよー。

 

なんでしょう・・・Zって、私にとってただの恋人じゃないのか・・・?みたいな衝撃。

 

今までつき合ってきた人とそう言うことはありませんでした。

 

私自身、家族とは(自分とも相手とも)仲良くしたい方なので、あれ、Zとはそれが出来ている・・・?と思ったり。

 

法律婚しないと言った彼とのことは、色々と考えていたけど、なんか、こう・・・・・

 

彼と頑張って関係を築き続けていこうかな・・・・と心から思えた瞬間でした。

 

※兄嫁には、そんなプレッシャーに感じず、ももちゃんの好きなようにしていいからね!甥は遊んでもらえる人が好きなだけだし、もし新しい彼氏が出来ても、遊んでくれる人なら上書きされていくから!と言われましたw

 

※兄嫁とは、色々話し、相談に乗ってもらっているので、事情を知っているのです、法律婚しないとか。

 

※兄嫁に、もしかして、将来、あの一言のお陰で、ここまでこれたのよ・・・とか言うなら、それはそれで面白いよねwとも言われました。正直なところ、そういう未来が見えた瞬間でしたw