読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

それって、そんなに無理な希望か?この日本で???

今日、気にかけてくれる先生に、言われたんです。

論文は残念だったね、博士論文の方はどう?って聞かれたとき、もう駄目かもしれない・・・損切りすべき時期なのかもしれない、と答えました。

損切り - Wikipedia

先生は「ここまでやってきたんだから、頑張りなよ。それに年齢のこともあるし、博士課程の学生なんて、民間企業での就職なんて厳しいし、無理だよ。それに貴方は結婚もしていないでしょう?経済的にも大変だよ」

あぁ、そうか、私、もう仕事を探すことも出来ない立場なんだな・・・・。

 

・・・・・・・・そうかな?

 

例えば、若くして結婚した専業主婦が、30代前半で離婚をし、子どもを抱えて働かなければならなくなった→仕事は無いから親子心中するしかない?

もしくは、同じ状況で子どもがいないけど、離婚した30代前半の女性が、仕事がないし、あっても底辺と言われる生活しか出来ない、惨めにやっていくしかない?

 

そんな馬鹿な。

 

そりゃ、大学教授になりたい、明日から♪という希望が叶うことは・・・・ちょっと不可能と言えると思いますが。

まずは、社会保障がきっちりして、仕事だから責任やプレッシャーはあれども、一人暮らしをしながら貯金をしつつ、たまにカフェで朝ご飯を楽しめるようなお給料があって、

たまに繁忙期は残業が続くけど、普段は人間らしい生活が出来る時間で仕事をして、

その中で、仕事や人との関わりの喜びを見つけていられる日常がある。

 

それって、そんなに無理な希望か?この日本で???

 

研究は出来ない、それを仕事にすることは出来ない。

でも、興味関心のあるテーマに、どんな形でも関わっていくことは?

例えば、週末だけ、テーマに近い活動にボランティアやイベントなどに参加する。

ちょっとでも、少しだけでも、テーマに近い会社を探す。

本を読む。

 そうやって、自分の人生に取り込んでいく。

 

私、そんなに無理なことを考えている???

 

 

と考えると、ちょっと気持ちが落ち着いてきましたので、お気に入りのパン屋さんのあんパン(ほぼあんこ)に、ギリシャヨーグルトをたっぷりつけて、熱々の紅茶と一緒に、食べようっと。