読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思い切って、自分の好きなようにしてみる

日曜日の朝のことです。

お休みの日かと思いきや、Zは朝からボランティアに行く予定。

せっかくロンドンから帰ってきてから二人で過ごせる週末なのに・・・・と思いながらも、じゃあ私はホットヨガのクラスにいくし、終わったら神戸で待ち合わせしましょう。

朝は、一緒に出ましょう、って決めていました。

でも、当日の朝、私は支度を済ませていつでも出掛けられるようにしたんですが、彼がグズグズしている。

私も予約を入れたし、そろそろ出たい。

 

「ねぇ?そろそろ出ない?」

「あと10分したら出るよ」

 

そう言いながら、スマホをいじっています。

うーん・・・・。

 

「ねぇ?・・・」

「出掛ける時は出るから!出掛けたいなら、君は先に行けばいいだろ?」

 

えぇ!?がががーん・・・・。

一緒に出ると思って、近場じゃないクラスの予約にしたんだけどな・・・。

 

でも、一緒に出ることに拘っているのは、いい気分じゃない。

なら、先に出ちゃえ!

 

「わかった!先に出る。よかったら、お互い終わったら、神戸で会いましょう!!」

 

え?じゃあ、僕も、すぐに出る・・・・と言い始めたけど、

 

「大丈夫!あなたは、あなたで決めて♪それでいいのよ。じゃあ、またねー!」

「あぁ・・・うん・・・・」

 

で、安定の2クラス連続で、フンガーと慣れないポーズを楽しんでスマホを見たら、Zからメッセージが入ってました。

 

「今朝は、ぐだぐだしていてごめん。あのあと、1時間だけ休むことにして、今からボランティアにいってくる。君がヨガを楽しんでいることを願っている。ボランティアの後に会おう!」

 

そっか、疲れていたのか、そりゃそうだよな、先週ロンドンだったし。。

休んでスッキリしたみたいだし、よかったよかった。

 

あのとき、一緒に出るか、先に出ちゃうかの選択で、

 

一緒に出る:相手の出方を見ていて、ちょっと恐怖心(大袈裟に言うと)と苛立ちも入っている。

先に出ちゃう:行っちゃえ行っちゃえ♪ヨガをすればスッキリするし、どうせZとは別々に行動する日だ。

 

という内情でしたので、先に出ちゃいました。

結果的に、彼もゆっくり休んで出掛けられたようですし、私も予定通り到着しホットヨガを楽しめました。

 

今はコーヒーショップでこれを書きながら、ロンドンで面接を頑張った彼のお祝いにケーキでも買おうかな、とか色々と楽しいことを考えています。

 

そうだ、いつだって、思い切ってでも、自分の好きなようにしてみる。

そうすれば、ちょっと楽しい時間が待っているような気がします。