読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

火の粉が降りかかった気がする

愛読ブログで、こんな記事があがっていました。

 

hikikomorikei.hatenablog.com

 

 

前の記事では、まきお先生と録ったラジオから肉声をアップしておりました。

聞こえる声は可愛らしく、きっと可愛らしい美肌女性なのね、ふふふ、とロシアン高校生との一騒動を、ドラマのワンシーンのように想像していました。

 

爆笑させていただきつつ、楽しい気持ちでバスを待っていた今日。

隣に人が並ぶのを感じつつ、気にせず正面を向いてバスがくるのを待ってました。

 

 

(今日遅れてるなぁ・・・)

「旅行って好きですか?」

(この後待ち合わせてるから、早く来ないかなぁ・・・)

「あの・・・・」

(・・・・・・ん?)

 

え?私に話しかけてるの???

 

左を見ると、20代半ばほどの男性が立っています。

「は?旅行???」

「あの、突然すみません。旅行とか、みんなで食事とか。サークルに興味ありませんか?」

 

 

旅行と言えば、1週間滞在した先で散歩と読書しかしない私は、旅行が好きと言えるでしょうか?いや、言えません。

サークル?

人生で一度も所属したことがございません。

 

というわけで、

「旅行もサークルも、特に好きではないですね」

とお答えするも、

「旅行好きじゃなくても、みんなでご飯とか、どうですか」

 

旅行はどこへ・・・?

というか、貴方はどなた????

 

「これは、なんの勧誘なの?見た目から分かると思いますけど、私、お金は持っていないのよ」

と、速やかに自己申告。

お仕事か任務かは存じ上げませんが、無い袖は振れないので、ターゲットにならないと分かれば諦めるでしょう。

バスももうすぐ来るし、身動きがとれないから、これで終われると助かります。

 

「違います、そうじゃなくて。すみません、俺、怪しいですけど、怪しい者じゃなくて・・・!公務員してます、これ、公務員の保険証です。あの、よかったら、ご飯に行きませんか?」

 

ちょっと待てこれ、何処かで見た構図です。

hikikomorikei.hatenablog.com

 

あ   な   た   か!

確かに、あらドラマティック♪とか思いましたけど!

なに、この火の粉・・・!

 

 

「貴方、いくつ?私、32歳なの。絶対私の方が年上でしょ?それにお金もないから、何も引き出せないのよ?」

「俺、26です。年齢もお金も関係ありません。俺、○○市で仕事してます。綺麗だと思って、普段こんなことしないんですけど。声かけました」

「彼氏もいるの」

「結婚してるわけじゃないんですよね?二人が駄目なら、サークルの集まりで、みんなでご飯しませんか?」

 

保険証の下りから、正直笑いが止まらず(行動が想定外過ぎて)、イマイチビシッとした姿勢になれない。

見た目は、今風な20代半ばの男性は、引き下がらない。

しかし、流されたい気分ではない。

 

なんとか押し問答をしつつ、バスがやってきました。

「ごめんなさいね」

と、バスに乗り、その場から退却しました。

 

 

なに、この飛び火・・・・。