読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

決定【追記あり】

Zから今朝連絡が来て、更新はせずに、カナダで修士号と教職免許(的なもの)を取ることに決めたそうです。

 

カナダのどの大学かは、まだ決めていないようですが、頑張れば出願が間に合って、今年の9月から始められそうな感じもします。

 

 

あぁ・・・・・寂しいなぁ・・・・・・・・という本心。

 

geragera5872.hatenablog.com

 

昨日はこういうテンションでしたけどね。

まぁ、明日の会議が不安で、今後の自分が不安なことが大きいんですけどね。

 

秋から一人か。

ばんばん仕事やりまくっていこう。。。

 

心から笑える日が来るのを信じて、泣いたり走ったりしよう。

 

【追記】

 

hikikomorikei.hatenablog.com

 

何が起きるかなんて問題じゃない!そこで自分がどう在りたいかだ!!

 

あぁ、そっか。。。そうだよなぁ・・・・。

 

【ひなおの思考回路変遷】を参考にすると・・・。

~以下引用~

原因不明とか不安すぎるんですけど!
治るのかなぁ。退院できるのかなぁ。
めっちゃ難しい病気とかだったらどうしよう。死んじゃうのかなぁ。
怖いよぉー。やだよぉー。また痛くなったりするのかなぁ(ビクビク)
なんで私ばっかり、いっつもポンコツなのさ馬鹿ぁぁぁぁ!!!
あ、あの看護師さんちょっとタイプかも❤

まぁ、起きちゃったことは仕方ないよね!考えてても仕方ないしね!
なのに考えるとか無駄だよね?無駄だよね!はい、しゅーりょー☆

どおせなら、このすきに思いっきり妄想に浸りまくろう、そうしよう。
これでもかってくらい我がまま放題してやろう!病人の特権じゃ!ふははははは!
 ↓
まず、こっそり病室を抜け出すとかのお約束は一度は絶対やっとかないとだよね!
鉄板だよね!?
 ↓
せっかくなら下のカフェも全メニュー制覇しないとだよね!外出許可?知らんな。
儚げな薄ピンクのカーディガン肩掛けにして車椅子に乗るっていう、薄幸の主人公パターンもひととおりやっとかないとだよね!
「儚げという日本語に謝れ!お前は薄幸っつーより発酵してんだろうがッ!」という突っ込みはスルーするよ!
(ここまでコンマ3秒) 

――――――――――――――――――――――――――― 

以上。

これを参考にしてみました。

 

遠距離とか、超不安で、どうなるか分からないし・・・。

半年以上先のことなのに、考えただけで辛いし寂しいよ。

続くのかなぁ!いつ会えるのかなぁ!!

おまえもういらね、彼氏にも振られて仕事も無くなった三十路とか悲惨すぎる!!!

いやだ!!!!

前の彼氏の時みたいに、うまくいかないのかな、パートナーシップなんて築けないのかなぁ!!!????

走ろ

でも、Zが仕事に向けて本格的に動き出したことは良いんだよね。

だって日本にいても契約に限りはあるし、そのあとも日本にいたいわけじゃないから、そこから探すとなれば、お互い0でカナダで生活基盤探しとか、無理、やだ、面倒すぎる。

っていうか、先にカナダで基盤作っとけ。

そうしたら私、楽。

この腕時計、素敵すぎる!!ほしい!腕時計貯金始めようかな!!!!

あぁ、辛い、寂しい・・・ってまだ日本にいるってば。

会いに行けば良いじゃん,今なら出来るじゃん。

遠距離になるのは、仕方ないよね、だって今の私じゃ、カナダにさくっと基盤作れないもん、しょうがない、私悪くない。

とりあえず、やれることからやる?あ、でも辛い,何もしたくない。

とりあえず、はがきセットでも送りつけて、毎週書け、とか。

というか、もう、はがき毎週書いて、異国の地にいる恋人に手紙を綴る私、とか酔っておきたい、今なら嘘なしで出来るし。

万年筆買おうかな。毎週日曜の夜ははがきの時間、みたいな。

あと、クリスマスの予定、オマーンで過ごそうとか言われてるし、それまでに、走ってヨガしてめちゃくちゃ綺麗になっておくかなぁ。

仕事も、相手を待ってて、動けないの馬鹿らしい。出来ることしないで、怯えているのも馬鹿らしい。分からないこと聞かないで怯えているのも馬鹿。

明日の全体会議で、言いたいこと言って、駄目ならそれで、お別れしちゃえばいいかなぁ。

だって、カナダでやっていくので、そこから仕事探すわけで、日本での研究者とか、もう、完全にないのに、何に怯えて拘っている場合か。面白そうなのに、アプローチしていけば良いじゃん。

いついかなる時も、半径50m以内はすべて私のテリトリーとみなし、そこにあるモノ・ヒト・コトと一緒にいかに楽しくピーヒャラできるかってことしか考えてないんですよ。

 

目の前にいる人とか物事とか、大事にするのが今できることだし、それしかない。

とりあえず、海外FWの企画書を書いた、今年の9月ポートランドかな。

泣いて怯えてその日を待つんじゃなくて、大好きな人と、今だけ遠距離でも心をホクホクにして、会えない日は自分磨きと称して色々して、会う日に惚れさせるくらいの気概でいる、そういう自分でありたい、それで結果がどうなるかは、知らんけど。

 

>現実に背を向けるんじゃなくって、受け入れること。そのうえで、在りたい方向にちゃんと向くこと。

 

私、どう在りたいんだろう。

泣いて,怯えて、待っていたいんだろうか。

 

強く優しく、美しく在りたい。

我慢するのではなく、蓋をするのではなく、受け入れて、進む私でありたい。

 

なれるか、は分かりませんけど、在り方だけは、いつでも私の手の中にある。