読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分の好きなことに罪悪感

nemotohiroyuki.jp

 

〜以下引用文〜

 

私もよくそうするのですが、選択に迷った時は自分が気分の良くなる場所に行きます。
そして、気分がいい状態で、どれを選ぼうか考えます。
気分のいい時には、気分のいい選択ができるからです。
それでも決められなければ、さらに自分のテンションが上がる場所に行きます。

気分がいい!と思う時こそ、「自分らしい瞬間」だからです。
考えでも、感情でもなく、「自分らしさ」で選ぶ、ことをお勧めしたいです。

 

〜以上〜

 

これですね。

自分の気分が良くなることを知るって、決断のときに大事なんですね。

 

私の場合は、最近はホットヨガなんですけど、ホットヨガで汗をばーっとかいているときの思考と、部屋で篭っているときの思考の違いよ・・・・。

ところで、最近気付いたんですが、

自分が楽しいことに時間を割いていることに、私、どうやら罪悪感がある・・・。

勿論、借金してまでギャンブルにつぎ込む=だって気持ちいいから、とかなら問題なんですけど。

一日1時間ほどのホットヨガ、月換算一万円しない、という身の丈にあっているにもかかわらず、感じる罪悪感・・・。

でも、もう頭がおかしくなりそうで、それを解消するためだし、

なにより気持ちいい!

だから通っていますが、もっと頑張って(苦しんで)仕事を探さないと、楽しいことに時間を使っていいのか・・・?と感じる瞬間も確かにあります。

誰かに(誰だろう)言い訳をしたいんですよね。

私が良いんだから良いじゃん?と言い切れない。

この気持ち、私のこれまでの人生において大部分を占めてきたのかなぁ。

 

誰に何を証明したいんでしょうね。