読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やりきった後にみえたもの

geragera5872.hatenablog.com

 

今週火曜日、上記の記事に書いた通り、発表(報告会)をしてきました。

 

書いた通り、とってもモヤモヤしたから、パワポから原稿から練習からやり直して、合間に走ってwとやりました。

 

そうしたら、前日、いつもならこうした集まりのときに、辛くて自分が恥ずかしくて・・・となるんですが、

 

もう、これ以上は今の私には出来ないから、何か言われたらアドバイスでしかないし、次に活かすしか無い、と腹を括っていました。

 

ふてぶしさ、全開ともいえる?

 

で、当日、結局、その人からは「こんなに準備してくると思わなかった・・・」というお言葉を頂けたので、なんとか無事に終わったと言えるかしらん。

 

まぁ、再来月も別のところで、今度は先生と共同で報告することになったんですけどね・・・orz

 

その人から当日に言われたことを、愚痴を聞いてもらっていた友人に言ったら「相手の人へ、ざまぁwですね」というlineがきて、そうだ、確かに「ざまぁw」なんだけど、

 

そういう気持ちが思ったほど、というか全然なくて、自分で自分が不思議でした。

 

先週の、ちょっといけずなメールwを貰ってから、おなじみのあゆおさんのステップを思い出して、出来ることから一つずつを、より落ち着いた気持ちで出来た結果かな、とも思います。

 

geragera5872.hatenablog.com

 

kaishaku01.hatenablog.jp

 

 

こういった経験が一つ一つ重なっていくと、より精度が上がっていくのかな。

 

今回は「ざまぁw」よりも、やっぱりまだまだ知らないことがあって、それを自分の中に身体化するくらい入れたくて、やはりそれを仕事にしたいな、と思いを新たにしました。

 

唯一?私が興味ある部分をピンポイントでやっている機関は、ワシントンにあるんですが、そこに行くためには、一体どれほどのエリートが・・・と尻込みするのはいつものことなんですけどね。

 

あと、私がずっとモヤモヤしていた部分をしっかり系統立てて教えてくれるところはロンドンの大学のTim Lungなんだな、やはり・・・じゃあ、Zとイングランドに行くなら、私はそこで少しで勉強と仕事がしたいな、と再確認できた日でもあります。

 

新しい私のこれからが、見えました。

 

それが、どんな形で私の元にやってくるのかわかりませんが、私はただ私をやっていくのが近道だな、と今なら体感して分かるので、それに力を尽くしていくのみ。

 

去年は特に、気持ちが追いつかないままに状況だけが(傍目には)色々とラッキーにやってきて、なんで自分はこれを活かしきれないんだ・・・って苦しかったんです。

 

これからは、丹田に力を入れて!やってくる状況を、少しのユーモアをもって挑んで、自分の力に変えていきたいな。