読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

香水選びの基準はときめきしかない

買ったボディミルクの香りが、どうも受け付けなくて、大容量なのにどうしよう、これ・・・。

誰か、この香りが好みだという人がいたら真剣に譲りたい。

 

香りって「モテ香水!」「男受けがいい!」「お洒落」「リラックスしたいときに」など、いろいろなシチュエーションで表現されますが、

一番大事なのは使っている本人が、ときめく(ドキドキから、安心感まで全てを含む)か?に集約されると思っています。

f:id:geragera5872:20160118192427j:plain

http://gathery.recruit-lifestyle.co.jp/article/1142699213648287901

 

どんなに周りから評判が良くても、使っている本人が好きじゃないと、体調不良を引き起こします、ご注意ください。

リラックスする香りは、万人にとっての物ではないことも多々あります。

 

なので、お勧めの香水は?には、

自分で試して、変化を感じて、ラストノートの段階で「死ぬほど疲れていても香りのおかげで気分があがる」もしくは「邪魔をしない」ものが、その人にとってのお勧め香水です。

これって本人にしか分からない。

人や環境によって香りって変化しますし。(それもまた、浪漫)

嘘か本当か、女性は匂いで遺伝子の相性を計るという説もありますので、そこまで自分に寄り添った香りだと、もしかしたら相性のいいパートナーにも繋がっていくのかもしれません・・・とは穿った見方かしら。

仕事上つけられないなど、外的な制約は人によってあると思いますが、

ときめく心と香りへの信頼は内的なものであり、その人だけの大事な一部ですので、誰にはばかることなく、存分に楽しめばいいのですよね。

ただ、周りに押しつけると途端に悪臭となり公害レベルにまでいくので、そこはご注意。

 

と、ボディミルクのショックから香りのことを熟々と考えていたら、これって「引き寄せ」っぽいなぁーと思いました。

 

どんなに良いと言われる方法でも、本人が違和感を感じたらやる必要はなく、

本人が気持ちいいなら、ネガティブだろうが何だろうが間違いでもなく、

周りに押しつけたら痛い、あたりが。